音楽スタジオ  ミキシング・レコーディング・リハーサルスタジオ キーススタジオ   пD072-249-4461


Skypeレッスン始めました!
本場アメリカのトッププロによるレッスンを
キーススタジオ(Aスタジオ)で受けることができます。



講 師 プ ロ フ ィ ー ル

LadyM (本名・トールズ真澄) 三重県松阪市出身、アメリカ・ペンシルバニア州・フィラデルフィア在住



LadyM (本名・トールズ真澄) 三重県松阪市出身、アメリカ・ペンシルバニア州・フィラデルフィア在住。


 まだ日本にR&B、HIPHOPというものが根付いていなかった頃から活動を始め、大阪の音楽テレビ番組とクラブイベントに出演したことをきっかけに、某メジャーレコード会社系列のスタジオから専属ボーカル講師を依頼される。
 その後マイケル・ジャクソンやベビー・フェイス等をプロデュースしたことでも知られるシャラマーのジェフリー・ダニエルに見出され渡米。アメリカと日本で数多くの経験を積む。
 イギリスでのシャラマー、タヴァレス、アレキサンダー・オニール、ローズ・ロイス、ザ・リアル・シング、オデッセイ、キャンディ・ステイトンという豪華メンバーのジョイントコンサートツアー「The Best Disco In Town Live3 」には全てのスケジュールに同行修行。映画「ゴースト・バスターズ」のテーマソングで知られる、レイ・パーカーJr、ダンスミュージック界の大御所シェリ ル・リンのバックボーカリストに抜擢された実力を持ち、東京国際フォーラムで行われた日本テレビ主催の「Let's Groove 2004」では、クール&ザ・ギャング、シック、シャラマーの中に日本人としてただ1人、シャラマーのバックボーカリストとして参加する。
 ゴスペラーズ等と共演、デザイナーMICHIKO KOSHINO(ミチコ・コシノ)のプライベートパーティーにゲスト出演。
 敷居の高いことで知られる東京表参道ヒルズでの単独ライブも反響を呼んだ。
  2008年夏念願のファーストアルバム「I feel you」を発売。HMV渋谷店でのインストアライブではたくさんの音楽関係者、観客を虜にした。このアルバムに収録されているうちの1曲は、安室奈美恵のシングルに抜擢される最終候補曲として挙がっていた楽曲である。ビクターエンターテインメントから発売された「DJ SHU-G DANCE HALL COLORS」では、そのバランスの良い声とセンスを買われ、MCとしてささやかにメジャーデビューを果たした。
 コーラスアレンジ等の依頼を受け、スタジオミュージシャンとしても活躍。自身のボーカルスクール「Studio LadyM」は地元を中心に東海、関西、関東と幅広く展開。独自のアメリカンツアーなども取り入れボーカルレッスンのみならず、某芸能事務所のタレント育成にも参加。その経験と実力を買われメジャーアーティストSKE48のボーカルレッスンも担当。一般人から芸能事務所のタレント育成まで、幅広く指導に携わっている。

永きに渡り、アメリカ人ミュージシャンバンドのステージ、ウエディングやショー、そして楽曲制作など多数の依頼を受け、レッスンにステージにと多方面で活躍して来たが、2013年3月本場アメリカに拠点を移し現在もアメリカでボーカルレッスン、楽曲制作、ステージにとミュージシャン活動を続けている。

参考資料  My space http://www.myspace.com/ladymforya
アメーバブログ Go Go!! Golden Life http://ameblo.jp/ladymforya/ (ヴォイストレーニングへの思い)
                                                                                    






Jimmy Fingarz ジミー・フィンガーズ (本名James Edward TowlesII ジェームズ・エドワード・トールズ・セカンド)





アメリカ・ペンシルバニア州、フィラデルフィア出身、在住。

 両親に連れられ、幼少のころから通っていた教会のゴスペル演奏に耳を傾け、わずか7歳にしてピアノ演奏を始める。初めて人前で演奏したのは、教会のゴスペルだった。その後演奏技術を身につけ、15歳で従兄弟たちと教会バンドを結成。ニューヨークのアポロシアターにて行われたアマチュアナイトで演奏し、3回もの優勝を勝ち取るという快挙を成し遂げる。 
 ウエスト・チェスター大学で改めて音楽を学び、ゴスペルをはじめR&B、レゲエ、ファンク、カントリー、クラシック、ロック、ジャズ、ブルース、ネオソウル、ポップスなど全ての音楽を演奏するようになり、有名どころのライブハウスや、バンドからたくさんのオファーを受けることとなる。
 その後、アメリカ東海岸では有名なバンド「バーント・シエナ」にメンバー入りし、キーボーディスト、べーシスト&ボーカリストとしてアメリカ東海岸のニューヨーク、ボストン、フィラデルフィア、バージニア、フロリダなど各地で演奏。
 アメリカン・フットボールの会場リンキン・ファイナンシャル・フィールドで行われる、フットボール・チーム「フィラデルフィア・イーグルス」のハーフタイムでも常に演奏してきた。また、同じく地元フィラデルフィアのベースボール・チーム「フィリーズ」のゲームがシチズン・バンク・パーク・スタジアムで行われる際にも、隣接するエックス・フィニティーにて、サポート演奏を行う。
 自ら率いるバンド「ザ・サード・パワー」では、ジャズを融合したオリジナル楽曲を制作。地元、フィラデルフィア・レディングで3週間近くに渡って毎年行われる、バークス・ジャズ・フェスティバルにも数回出演。その才能がジェラルド・ヴィーズリーに認められ、彼とも共演、そしてクール&ザギャング、ミントコンディション等、多数アーティスト達のコンサート会場でも前座を務める。また、キーボードプレイヤーを探していたローリン・ヒルの自宅プライベートスタジオに招かれ、彼女の前で演奏し、彼女自らツアー・メンバーに抜擢されるも、来日演奏の契約が決まっていたため断念するというエピソードも。
 ラッパー「ナス」と結婚したことでも有名なケリスをはじめ、ジャガー・ライト、エリック・ロバーソン、ザ・スプリームス、スリー・デグリーズ、アンジー・ストーン等、数多くのアーティストのキーボードプレイヤーとして共演。スリー・デグリーズのキーボード・プレイヤーとしては度々来日し、老舗コットン・クラブ、ブルーノートをはじめ、ビルボードでの演奏経験は多数。日本での長期滞在は2010年5月から数ヶ月間、名古屋の老舗クラブGary's(ゲーリーズ)にてレギュラー演奏した。

 数年間日本に在住し、スリー・デグリーズの来日公演時には、専属キーボードプレイヤーとして、ビルボード、ブルーノート公演に出演、その他全国各地でのライブ、ショーなど、たくさんのステージをこなす。
 そんな彼のキーボードの技術とスキルにほれ込んで、遠方からキーボードを習いに来る生徒から、ピアノ講師、そして一般の子供まで、数多くキーボードやピアノのレッスンも受け持ってきた。

 アメリカに帰国後は、再びバーント・シエナのメインメンバーとして、キーボード、ベース、ボーカルを担当。多忙なスケジュールの中、映画挿入曲などの楽曲製作、レコーディングにも関わり、キーボードとトークボックスのスキルで多くのライブショーにも出演。
 そして現在も、インターネット電話を使った「スカイプレッスン」で日本にいるキーボード、英会話の生徒達のレッスンをステージの合間に行っている。